line

世界のえび事情

希少なエビを守ろう世界中には絶滅危惧や危惧種に指定されている動植物がたくさんいます。

海老の仲間でもドウクツヌマエビやオガサワラコテナガエビなどが危惧種、つまり「現在の状況が続けば近い将来絶滅に瀕する」状態とされています。

自然界の生態系が壊れていくことは私たち人間にとっても大きな影響を及ぼします。関係書物によると日本人の海老消費量は年々減少傾向にあると聞きます。

シュリンプ料理で地元の人にも観光客にも人気のあるハワイのように日本独自の天ぷらなどの人気ある調理法のコマーシャリングを展開していく必要があると思います。

国内外問わず日本のえびの文化は例えば小さい桜エビひとつとっても良質のプランクトンが発生する駿河湾だからこそ極上の桜海老として成り立つことを海外の人はもちろん日本人であっても知らない場合がほとんどです。

外来種の持ち込みで日本の湖や河川の生態系が崩れゆく今日本人が日本を知り地産地消の文化を守っていく必要があると思います。
line

えび料理の魅力

日本の海老料理の代表的なものの一つといえば海老の天ぷら。
揚げたてのカリカリの天ぷらに塩をつけて食べるのも良し。
天丼にしたり天ぷらそばにして汁をしませて食べるのも良し。

衣を少しアレンジしてごまを混ぜたりカレー粉を混ぜたりしてもおいしいです。
てんぷらは漢字では「天麩羅」と書きます。
その起源は定かではありませんが江戸時代にはすでに食べられていたもののようです。

いまのような天ぷらとは少し違うかもしれませんが、数百年前の人々と同じものを食べていると考えるとなんがか不思議な気持ちになりますね。

ご家庭でえびを料理されるときは活海老ではなくスーパーの冷凍エビが多いと思います。
冷凍物でも大抵油で揚げたり焼いたりすると思うのでえびのうまみを十分堪能できます。

人生の中で特に印象深いのは中華街で食べたエビチリでした。

この時からえびの魅力に取りつかれたのですが子供のころの記憶なのでどの店で食べたのかわからず、現在も中華街を模索しているところです。

その時のエビチリは非常に辛いのにもかかわらずまろやかで濃厚な味わいがありアツアツなのにエビのプリプリ感が損なわれていないのがおどろきでそのおいしさのおかげで他にどういう料理を食べたかはおぼえていないほどです。
line

News